さんきょうびーるーちゅん~とうへん

三峡碧螺春~冬片

素晴らしい冬片が見つかりました!

三峡碧螺春の冬片は当店初入荷。冬片と耳にするだけで心躍る人もいるかもしれません。

心が弾む春先にぴったりの台湾緑茶です。ぜひご賞味ください。

店主のコメント

クリーンでフレッシュな香気が口から鼻へと駆け抜けます。一方、味わいにはかぶせ茶のような奥行きもあって、口中に行き渡ってしばらくすると糖蜜の甘みへの転化を楽しめます。余韻は明前碧螺春よりも芯を持ちながらも、すっと引いてくれます。

完売しました

素晴らしい冬片が見つかりました!

三峡碧螺春の冬片は当店初入荷となります。
まずは冬片について簡単に知っておきましょう。


●冬片の基礎知識

冬片とは、冬茶の後に作られるお茶です。

定義上は冬至~大寒に作られるお茶を指します。慣習的には「冬茶以降、早春茶以前」のお茶をまとめて冬片と呼んでいます。ざっくり12月から旧正月までと理解しておきましょう。

気候が低い年や中海抜以上の産地では茶樹が休眠します。そのため冬片は作られません。

製茶量は冬茶よりもはるかに少なくなります。

冬片は茶葉の生育が揃いやすく、理論上は作りやすいお茶です。ただ実際作り手に話を聞くと、気温が低く太陽光も弱い中での製茶は、春茶や冬茶にはない別の難しさがあるそうです。


●きれいな味わい

冬片の特徴は「格別にきれいな美味しさ」に尽きます。赤ちゃんの笑顔のように透明感に満ちた味わいです。

クリーンでフレッシュな香気が口から鼻へと駆け抜けます。一方、味わいにはかぶせ茶のような奥行きもあって、口中に行き渡ってしばらくすると糖蜜の甘みへの転化を楽しめます。

余韻は明前碧螺春よりも芯を持ちながらも、すっと引いてくれます。

良品は茶湯が冷めてからも旨みがブレにくいです。

抽出温度は90度がおすすめ。やかんで沸かした熱湯を別のポットに移すとちょうどいい温度になります。

すっきりした味わいは食後の一杯にも最適。お茶請けは金柑のシロップ漬けとの相性がよかったです。

心が弾む春先にぴったりの台湾緑茶です。
ぜひご賞味ください。

お茶のデータ
商品名称 三峡碧螺春~冬片
さんきょうびーるーちゅん~とうへん
生産地 台北縣三峡鎮
茶樹の品種 黄柑
摘茶時期 2020年冬片:12月下旬
茶園の海抜 200m~300m
発酵度 不発酵(緑茶)
烘焙程度
推奨茶器 磁器製の茶壺・急須、蓋碗、マグカップ、グラス
茶葉の分量 茶壺・急須・蓋碗 → 4分の1
マグカップ、グラス → スプーン1杯
お湯の温度 85~90℃前後
時間の目安
(90℃)
茶壺、急須 → 60秒
蓋碗、マグカップ、グラス → 蓋をして60秒
(2煎目 -20秒、以降 +30秒ずつ)
三峡碧螺春~冬片の2つの楽しみ方

茶壺・急須で淹れる → 少しだけ冷ましたお湯がおすすめです。茶器はしっかり予熱しておきましょう。

蓋碗で淹れる → 茶葉を入れ、高めの位置からふちを滑らせるようにお湯を注ぎます。半分くらい飲んだらお湯をつぎ足します。味わいの変化をお愉しみください。

ワンポイントアドバイス

素焼の茶器は台湾緑茶の繊細な旨みを吸着します。磁器製がおすすめです。